ペラダンの復権 新商品

商品一覧

今月に入荷したアイテムとなっております。アイテム選びの際にお役立てください

LINE友達募集中

友だち追加

アイテム

ご案内

ペラダンの復権より貴方に贈る真の魂・魔の力

命ある者はいずれ死する。自然の原理に逆らうことはできずとも、命と引き換えにして魂は受け継がれていきます。
遥か数千年前から受け継がれている魔術は、今もなお息づき、信ずる者に多大なる力を与えています。
幻惑・魔力・魅力を描き地獄を天上界としたペラダンの最強なる力をも同様。ふつふつとくすぶっていた力は、国境を越え宙からの壮大なるメッセージを携えてやってきました。

「ペラダンの復権」では、本格ヨーロッパ魔術を推奨し、極秘入手ルートを開拓。自らを“王の、貴族の、高位聖職者の生き写しである”とするペラダンの学を基本とし、悪魔の力を注ぎ込んだ極上の黒魔術アクセサリーを提供しています。
「ペラダンの復権」の黒魔術アクセサリーは、魂に宿る貴方の願望情熱に無限の力を発揮していきます。信ずることが全てであり、願うことが活力となります。人間の魂に大きな力を与える、幻惑、魔力、魅力を取り去ることはなく、主観を強調する外界の写実的描写よりも内面世界を象徴するペラダンの激しい情熱を受け継いでいる「ペラダンの復権」の黒魔術アクセサリーを、願望情熱に魂を燃やす貴方のために、特別なる魔力を注ぎこみお届けいたします。

嫉妬や醜い呪いの精神は、誰もが心奥底に持つものです。それらは、生存のため必要な能力でもあるのです。「ペラダンの復権」では、貴方の中にある裏の心をも肯定し、黒魔術により全てを願い叶えるためのエネルギーと化していきます。
時には、他者を落とし入れ蹴落とす。ぞっとするような腹黒さも、願望水準を高めることに、必要不可欠の場合もあるのです。それらを悪として自己を責めるのではなく、黒魔術の力を借りることで、結果、貴方には勝利があり、願望成就の未来が約束されていくのです。
決して、その手順を恐れないで欲しいのです。「ペラダンの復権」の黒魔術アクセサリーは、貴方の味方です。成功哲学をもってすれば、腹黒き行動さえも世には認められる行為とされます。
敵をつくるのではなく、敵よりも力をつけていくことで、願いが叶うことができるのです。

また「ペラダンの復権」では、生きる上での恐怖心を逆手にとり、エネルギーにすることを可能としています。未来を見つめ、不安になることは大なり小なり誰にでもある弱さでもあります。恋をすることも、仕事をすることも、恐怖心が先立ち、歩き出せない事もあるのが人生です。それらを全て受け入れ、新たなる活力を与えるのが「ペラダンの復権」の黒魔術アクセサリー。魔力は貴方のために、黒魔術アクセサリーの中で待機をしています。貴方の元に黒魔術アクセサリーが届き手にした瞬間から、魔力は信ずる心に発動をし、描かれた世界をリアルに実現していきます。

さらに、「ペラダンの復権」の黒魔術アクセサリーは、願望達成のみに魔力を注ぐわけではなく、貴方を護ることにも優れた力をみせていきます。「ペラダンの復権」の黒魔術アクセサリーによって護られた貴方人生は、いかなる状況においても好転を見せることにも繋がります。これまでの不運を幸運へと転換することも可能となります。
「ペラダンの復権」では、危機回避能力をも備え、万全なる魔力を持つ黒魔術アクセサリーを貴方のために提供しております。

貴方のうちに秘めた重大な秘密、人には言えないような願い、それらが苦痛の根源ならば、苦痛を取り除き、リアルな世界で悦びと変換するのです。
いたずらに魔術を恐れず、自己の願望情熱を認めていくのです。
今ここで、貴方が立ち上れば「ペラダンの復権」は全面サポートいたします。「ペラダンの復権」では、願望成就強化を図り、貴方の願望情熱を達成させていきます。
*****

貴方の描く世界を守ろう。
それが、いかなる邪があろうと、貴方を真とし活を与えよう。

<ペラダンの復権>
*****

■ジョセファン・ペラダン

フランス世紀末を代表する奇矯な人物。別名 サール・メロダク(1858-1918)
1858年3月28日、父親は王党派カトリックの言論人というリヨンの文芸的な家庭で生まれる。 本名はジョゼフ・エーメ・ペラダン。
兄アドリアン・ペラダンの影響を強く受けていたジョゼフ・ペラダンは早世した兄の蔵書をそっくり受け継ぎ、オカルト関係の知識を膨らませていった。
1881年、イタリアを旅行してレオナルド・ダ・ヴィンチやラファエロ、ミケランジェロの作品に出会い、特にアンドロギュノス的なイメージを描くレオナルドの作品に最初の啓示を受ける。1888年、 バイロイトでワグナーの『パルジファル』を観劇し、レオナルドに次ぐ2番目の啓示を受ける。
1884年小説『ラテン的頽廃ー風俗誌』・初巻「至高の悪徳」を出版。最終巻21巻は、1925年に発行。
1889年「薔薇十字カバラ会」を創設。
1892年「薔薇十字サロン」を創設。ペラダン主催の第1回「薔薇十字展」が、パリのデュラン・リュエル画廊で開かれる。「薔薇十字展」は1897年まで全6回開催された。
1918年に他界。
1952年、『サール・ジョゼファン・ペラダンの思想と秘密』全4巻が出版。「薔薇十字カバラ会」の内紛の経過など詳細が明らかとなる。

ペラダンは、『ラテン的頽廃ー風俗誌』『死せる知識の階段講堂』『アヴィニョンの信心ぶかい女』など、数多くの願望達成的理論書,小説,芸術批評書,戯曲を残している。罪悪を好む傾向があるとされる書物からは、地獄を天界とされる洗脳力がそなわっていると言われている。

お待ちください…